2019年度 二木会(月例会)開催予定表

今年度前期の二木会開催スケジュールを下記の通りご案内させていただきます。
多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。
尚、予約は不要です。お気軽にお越しください。

【スケジュール】

 2月14日(木)
  「見え難い未来?日本企業に必要なイノベーション創出を考える」
   村井啓一氏(昭和46年大学院修士課程修了 化学専攻)
   元キャノン材料技術研究所長
    現在は、技術と技術経営コンサルタントとして各地で講演会などを行う。
  (講演要旨)
    1971年に学習院大学大学院を卒業しキヤノンに入社し、複写機そ
してインクジェットプリンターの研究開発とその他多くの
   新規事業創出の失敗と成功に関わってきました。2006年定年後は、ハッピーリタイヤメントを楽しむ間もなく研究開発アドバ
   イザーとして多くの企業の研究開発の皆さんと交流してまいりました。半世紀にわたって日本の企業社会の成長と発展ととも
   に歩み、オリジナルなイノベーションを創出し社会に役立つ製品を創ってきました。未だに、多くの企業の研究開発の現場で
   アドバイザーとして若い担当者からトップリーダーの皆様とともに、未来の日本に必要な製品開発と戦略の議論をおこなって
   います。
    入社当時、売上高500億円のキャノンが約4兆円の企業に成長する研究開発活動を続けている中で、多くの経験を学びまし
    た。サイエンスから始まる技術進歩とイノベーション創出、その結果として企業活動から生み出される新しい商品の生み出
   す利便性、その結果人々のライフスタイルが変わって、文化自体が変って行く流れを自分達が生み出し、またその大きな流れ
   を目撃してきました。
    これからの未来で、世界と日本の社会の方向性とライフスタイルはどのように変わっていくのか、企業はどのような方向で
   企業活動をすればよいのか、多くの皆さんは分からないと感じていると思います。しかし、50年間に亘る経験の蓄積と深く調
   査し考え続けた結果、変化して行く未来の方向は見えていると感じています。本講演では、その未来の変化に対応して企業が
   活動していくべき方向性について、研究開発から経営戦略までの広い視点で議論を加えたいと考えています。

 3月14日(木)
  
「関西弁の謎を探る」
    都染直也氏(昭和56年大文国卒)
    東京外国語大学大学院 修士課程
    大阪大学大学院 博士課程 を経て
    甲南大学 文学部 日本語日本文学科 教授

 4月11日(木)
  「カントの平和論と現代国際社会」

       遠藤雅己氏(昭和56年大学院修士課程修了 政治学修士)
      ジョンズ・ホプキンス大学 高等国際研究所 博士課程(国際関係論)修了
       サント・トマス大学 哲学博士Ph.D. (専攻:アジア研究)
       神戸国際大学 経済学部 教授(国際関係論、東南アジア地域研究)
 
 
5月9日(木)
    「日本画の愉しみ―明治の金メダリスト・大橋翠石をめぐって」

    村田隆志氏(平成18年大学院博士課程修了 哲学専攻)
    大阪国際大学 国際教養学部 准教授

 6月13日(木)
  「検察官を辞めたから言えること」 

       巖文隆氏(昭和49年大法政卒)
       大阪高等検察庁 検事
       甲南・立命館大学各法科大学院 派遣検察官 教授
       高松高等検察庁 公安部長を経て
       税理士法人日本税務総研にて弁護士・税理士  

    7月11日(木)

        「インド日本寺開山45周年記念法要に参加して」

          畑中利久(昭和47経)他、参加者による報告

【開催日時】

  第二木曜日 18時30分~20時30分 (講演会:1時間、懇親会:1時間)

【開催場所】
  ガーデンシティークラブ大阪
 (ハービスOSAKA 6階、 ホテル「ザ゙・リッツ・カールトン大阪」東隣り)
  大阪市北区梅田二丁目5-25 電話:06-6343-7770

【懇親会費】
  3,000円

【二木会(特別行事)・予約制】
    秋季親睦ゴルフコンペ(日程未定)

         場所:よみうりカントリークラブ

【問合せ先】
  高畑新一(平成5年済)

       mobile:090-1615-3286
  
  e-mail : gakushuinkansai@gmail.com

コメントは停止中です。