令和元年10月桜友会月例会報告

 2019年10月10日(木)18時より霞会館にて行われました桜友会の月例会で、我が関西桜友会の畑中世話人が講演されました。関西桜友会からも北河原会長を始め約10名が応援に東京まで行って参りました。初めて霞会館に足を踏み入れる人も多く、少々緊張の中桜友会本部の月例会を体験してまいりました。畑中先輩の同級生やクラブのお仲間たちも多数いらっしゃり、参加者は100名を超える大盛況でした。また、普段よりスーツ姿の男性がかなり多かったようで、畑中先輩の影響力の強さを感じました。学習院での学生時代の頃の様子から就職され証券会社で鍛えられ、その後自ら会社を立ち上げてこられた大変興味深いお話しを流暢にお話しされていらっしゃいました。演題の『そして、奈良・・・』の奈良とのご縁、奈良の素晴らしさ、これからの奈良のさらなる偉大な魅力についてお話し下さいました。私共幹事も本部桜友会月例会に参加でき、大変良い経験をさせて頂きました。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。