HOME

————————————————————————————————————————
この「HOME」には,最近の記事の概要を掲載しています。 
以前の記事、詳細記事は右の一覧か「全記事」でご覧下さい。
——————————————————————————————————————–—–

第95回技術交流会のご案内

下記により第95回技術交流会を開催いたします。
皆様どうぞお誘いあわせの上、ご来場いただきたくご案内申し上げます。          

■ 開催日時:20189 22日(土)13:3016:00
■ 開催場所:中央教育研究棟 12 階  国際会議場」
■ 参加費:無 料(学習院関係者なら、どなたでもご参加いただけます)
■ 参加申し込み:お名前、連絡先を明記の上、「第95回技術交流会申し込み」と記載し、電子メールまたはFAXをお送りください。
   メール:rigakubu2@gakushuin-ouyukai.jp 、 FAX:03-3988-3853(桜友会事務局)

■ 講 演:
講演1:『ゲノムの傷を治す仕組みが生み出す生命科学』 13:30~14:40 (質疑応答 10 分を含む)
講 師: 学習院大学 理学部 生命科学科 助教:毛谷村 賢司 先生
講演要旨(予稿より):生物の設計図であるゲノムは、DNAという有機化合物から成ります。そのため、様々な化学物質と反応したり、物理的な影響により破壊されたりもします。これが、「ゲノムの傷」というものです。中でもゲノムの切断は、重篤な傷であり、元通りに修復されないと、ヒトでは発がんや遺伝子疾患などの原因になります。相同組換えは、このような傷をうまく治すことのできるDNA修復機構の一つです。同時に、生物の進化という遺伝的多様性を生み出す原動力にもなっています。最近では、ゲノム編集という革新的な技術にもこの原理が応用されています。本会では、「相同組換え」をキーワードに、傷を治す仕組みからゲノム改変技術の最前線まで紹介する。
講師略歴:2005年 九州大学大学院薬学府医療薬科学修了 博士(薬学)
2005-2007年 九州大学大学院薬学研究院 薬学研究員
2007-2009年 九州大学大学院薬学研究院 学術研究員
2009-2011年 九州大学大学院薬学研究院 助教
2011年-現在 学習院大学理学部生命科学科 助教

講演2:『「日本の醤油」その歴史と安全性・秘められた機能性』 14:50~16:00  (質疑応答10 分を含む)
講 師: 長原 歩 氏(1978年化学修士修了)
    茂木本家美術館  副支配人
講演要旨(予稿より):中国より伝えられた発酵食品醤油は、日本の食文化に溶け込む形で発展を遂げ、現在では海外での現地生産も含め、世界100ヶ国以上で使用される万能調味料として、世界の味になっています。その日本の醤油について「食の安全」に係わる問題に科学的な見地から真摯に取り組み解決してきた歴史があります。また、食と健康に係わる醤油の機能性についても幾つかの研究報告があり、今回は、それらについてお話しさせて頂きます。
講師略歴:1976年 学習院大学理学部化学科 卒業
1978年 学習院大学大学院自然科学研究科化学専攻修士課程 修了 
1978年 キッコーマン株式会社 中央研究所 入社 
1989年 米国ウィスコンシン大学食品研究所 派遣研究員
1997年 キッコーマン株式会社 環境保全推進室・環境企画部長
2003年 キッコーマン株式会社 バイオケミカル事業部長
2008年 同 もの知りしょうゆ館長
2009年 同 国際食文化研究センター長
2013年 公益財団法人 茂木本家美術館 副支配人

■ 懇親会:16:15~18:15
  場 所:目白ジョアン 
     トラッド目白(旧コマース跡)1階  TEL: 03-6907-0275
  懇親会費:4,000円
       講演会のみ、あるいは懇親会のみのご参加も大歓迎です。

技術交流会へメールアドレスをご登録頂くと都度ご案内致します。
メールアドレス:《rigakubu2@gakushuin-ouyukai.jp》

以  上  

(第94回技術交流会のご報告はこちらから)

——————————————————————————————————–———

学習院大学理学部同窓会平成30年度総会・講演会・懇親会のご報告

学習院大学理学部同窓会平成30年度総会及び講演会(第94回技術交流会)、懇親会が開催されました。
                                                                              記
日 時平成30年6月30日(土)
場 所 : 百周年記念会館3階

幹 事 会  :14:30~ 14:45
定時総会  :14:45~ 15:15
 ・2017年度事業報告及び2018年度事業計画
 ・2017年度決算報告及び監査報告
 ・2018年度予算案
    ・会則改定について
講 演 会  :15:30~ 17:00 
 ■ 講  師  :学習院大学名誉教授 持田 邦夫 氏
 ■ 講演テーマ:
ゲルマニウム―酸素結合を基本骨格とする化合物の特異な反応性 
   ~光的挙動、水に可溶、有機化合物及びアルカリ金属陽イオンの捕捉、抗がん作用、など~
懇親会:17:30~ 19:30
 ■会 場 :
ホテル メッツ 1F 「フィオレンティーナ」

(詳細記事はこちらから)

——————————————————————————————————–———

第28回理学部同窓会ゴルフ会のご報告

日時:平成30年5月25日(金)
会場:富士平原ゴルフクラブ

第28回理学部同窓会親睦ゴルフ会を5組19名の参加で開催いたしました。スタート時には隠れていた富士山も間もなく大きく顔をだし、爽やかな五月晴れとなり、広い高原でのプレーを一日楽しむことができました。
競技は各自の持ハンデによるストロークプレーで行い、終了後に恒例のパーティを行いました。優勝:鈴木明(昭51化)さん、準優勝:金子七三雄(昭51物)さん、第3位:畑中茸雄(昭38化)さん、がそれぞれ獲得され、優勝楯、優勝トロフィー、会員寄贈のワインやウイスキーなどの副賞が酒井佐芳(昭34物)会長より入賞者に渡されました。またベストグロスは鈴木明さんが80の好スコアを記録いたしました。
ゴルフ会は、会員相互の親睦を目的に毎年2回開催しております。多くの皆様にご参加頂きたくご案内申し上げます。同期会や研究室会、あるいは友人同志のグループ、ご家族での参加も歓迎いたします。
次回第29回大会は、平成30年10月12日(金)、同じ富士平原ゴルフクラブで開催の予定です。
開催情報(メール)をご希望の方は、ゴルフ会常任幹事の鈴木明(昭51化)さん(mejirodaisuzuki@gmail.com )または、理学部同窓会事務局(rigakubu@gakushuin-ouyukai.jp)までご連絡下さい。

(詳細記事はこちらから)

——————————————————————————————————–———

理学部同窓会だより「想」第10号発行のおしらせ

理学部同窓会だより「想」第10号が完成し、桜友会報第112号(2018.5.1.発行)に同封して理学部同窓会員の皆様にお届けするとともに、Web版を本ホームページに掲載いたしました。
今回の記事は、元理学部化学科教授持田邦夫氏の「全力で取り組んだ学習院大学四十年」、特集「星になった木越邦彦先生」、東京消防庁本所防災館見学、等です。どうぞご覧下さい。
・理学部同窓会だより「想」第10号 はこちらから
「想」のバックナンバーおよびWeb版拡張編は本ページ上部の理学部同窓会だより「想」からご覧ください。

——————————————————————————————————–———

学習院大学理学部同窓会活動基金支援のお願い

学習院大学理学部同窓会会員各位

2018年5月 
学習院大学理学部同窓会  会長 服部充雄

木々の緑が目に眩しい季節になりました。
理学部同窓会会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
日頃より同窓会活動にご理解、ご支援いただき深く感謝申し上げます。
理学部同窓会は学習院桜友会の基本方針に則り、<勢いのある学習院>目標にして活動範囲しております。
具体的には、以下のような活動が挙げられます。
・機関誌“想”の年2回発行(桜友会報に同梱)
・教員・同窓会員の講演を中心とした技術交流会の定期的開催(年4回)
・教職員と一体化した理学部独自の就職支援活動の展開
・総合的に優れた理学部卒業生の表彰制度(教員から高い評価あり)
・オール学習院の集いに【理学部同窓会の部屋】を設置。(会員相互交流の親睦・交流)
・理学部同窓会ホームページの充実(各種活動予定のお知らせ/開催報告など)     
このように在校生支援活動を定着させ、就職支援活動なども充実してまいりました。昨年までにご協力いただきました活動資金は、これらの事業に有効に活用させていただいております。
今年度はさらに事業を拡大し、会員相互の親睦、在校生の支援とともに、理学部主催の講演会・シンポジウムの講演などの母校理学部への支援も充実させたいと考えております。
 こうした活動のためには継続的な活動資金が必要となっております。度重なるお願いで恐縮ではございますが、活動の趣旨をご理解いただき、今後の同窓会活動充実のため、また将来への多大な可能性を秘めた後輩たちのために、今年度も是非「同窓会活動基金」へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。
なお、基金は下記のいずれかの口座または桜友会報に同封の振込用紙(下記 注 参照)にてお振り込みください。
  ———————————————————————————————————————
  [学習院大学理学部同窓会活動基金]

1口 : 3,000円 (できるだけ、複数口のご寄付をお願いいたします。)

振込先: ① 三菱東京UFJ銀行 八王子中央支店 普通2383902 学習院大学理学部同窓会
           ② ゆうちょ銀行   019店 当座0088343  学習院大学理学部同窓会
  ———————————————————————————————————————-
    * お振込みの際には必ず卒業年、学科、お名前を明記ください。
  ———————————————————————————————————————-
(注)おわび
理学部同窓会の手違いにより、桜友会報№112に同梱予定の「払込取扱票」が一部封入されていない方があることが判明いたしました。
封入されていない場合には上記記載の口座にお振込みいただくか、お手持ちの「払込取扱票」をお使いいただきますようお願い申し上げます。
同窓会員の皆様にご迷惑・ご心配をおかけいたしましたこと深くおわび申し上げます。