HOME

————————————————————————————————————————
この「HOME」には,最近の記事の概要を掲載しています。 
以前の記事、詳細記事は右の一覧か「全記事」でご覧下さい。
——————————————————————————————————————–—–

学習院大学理学部同窓会令和元年度総会・講演会・懇親会のご案内

下記により、学習院大学理学部同窓会令和元年度総会及び講演会(第98回技術交流会)、懇親会を開催いたします。
理学部同窓会員のみなさまには、皆様を繋ぐ同窓会活動をより効果的に進めるために、どうぞ総会にご出席いただき、忌憚のないご意見をお聞かせ頂きたくお願い申しあげます。
また講演会、懇親会には理学部出身者に限らず学習院関係者ならどなたでもご参加いただけます。多くのみなさまにおいで頂きたく案内申し上げます。
                                                                                記
日 時 :令和元年6月29日(土)
場 所 : 中央教育研究棟12階 国際会議場
定時総会  :14:30~ 15:15
    ・2018年度事業報告及び2019年度事業計画
 ・2018年度決算報告及び監査報告
 ・2019年度予算案
 ・その他 
講 演 会 :15:30~ 17:00
■ 講 師 :元学習院大学理学部数学科教授 川﨑 徹郎 氏
■ 講演テーマ :3重周期的極小曲面と結晶群
   講演要旨:空間内の曲面のうち、その各点の近傍で、面積最小になっているものを極小曲面といいます。たとえば、少し歪んだ針金の枠を張る石けん膜のようなものです。極小曲面で、前後左右上下のように、3つの方向に周期的なものを3重周期的極小曲面といいます。空間多角形に石けん膜を張って、3重周期的極小曲面を生成できることがあります。結晶群を応用してそのような空間多角形を分類しました。また、生成される3重周期的極小曲面を近似するプログラムを考えました。
   ポスター要旨:空間多角形から生成される3重周期的極小曲面を近似するプログラムを考えました。そのような空間多角形を分類しました。

   講師略歴
  1967年 東京大学理学部数学科卒業
  1976年 ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士号
  1976年 大阪大学理学部助手
  1979年 学習院大学理学部数学科専任講師
  1982年   同  助教授
  2003年   同  教授
  2019年   同  停年退職

会 費総会・講演会参加費:無料

懇親会:17:30~ 19:30
 ■会 場 :目白倶楽部「松本楼」
 ■会 費 :6,000円 (学生:1,000円 )(当日申し受けます。)
講演会のみ、あるいは懇親会のみのご参加も大歓迎いたします。
出欠を桜友会報第114号(2019年5月発行)綴じ込みの葉書(FAX可)、または下記理学部同窓会あてE-メールで、6月15日(土)までにお知らせ願います。

申込先: 理学部同窓会、E-mail:rigakubu@gakushuin-ouyukai.jp

——————————————————————————————————–———

理学部同窓会だより「想」第12号発行のお知らせ

理学部同窓会だより「想」第12号が完成し、桜友会報第114号(2019.5.1.発行)に同封して理学部同窓会員の皆様にお届けするとともに、Web版を本ホームページに掲載いたしました。
今回の記事は、「理学部一期生に聴く」、研究室紹介:物理学科平野研究室、寄稿:基礎研究から応用研究へ、等です。どうぞご覧下さい。
・理学部同窓会だより「想」第12号 はこちらから
「想」のバックナンバーおよびWeb版拡張編は本ページ上部の理学部同窓会だより「想」からご覧ください。

 

 

 

——————————————————————————————————–———

オール学習院の集い「理学部同窓会の部屋」が開催されました

日 時:平成31年4月14日(日)11:00~15:00
会 場:西2号館4階 405号室

明け方の雨も開始時間には上がり、大変過ごしやすいに天候にも恵まれた目白キャンパスは、9千人弱の来場者でにぎわいました。
今年も「理学部同窓会の部屋」を設けましたが、同窓生をはじめ多くのみなさまにお立ち寄り頂きました。
理科実験コーナーは、幼い生徒さんやご父兄の方でにぎわいました。
また、理学部同窓会賞を受賞した若い会員との交流では、先輩会員から沢山の暖かい激励の言葉がありました。

「参加型理科実験コーナー」(11:30~14:00)
  「スーパーボールを作ろう」、「ダンボール空気砲」、「キネティックサンド」
 多くの初等科生や幼稚園生とご父兄の方々で終日にぎわいました。

「若い会員からの研究、体験紹介コーナー」(14:00~15:00)
・理学部同窓会賞を受賞した学生の中から、今年は以下1名により研究や生活の紹介をして頂きました。 
村田幸樹さん(H30物理学科卒 現在 学習院大学大学院在学)「小さなバクテリアがもつ分子速度計」

「歓談コーナー」
 お寿司、ビール、ウイスキー、お酒、お茶、などを用意しました。
 いろいろ差し入れもあり、懐かしい友や、同窓生との談笑が年代をこえて続いていました。

「お土産コーナー」(蘭の苗、夏みかんの自家製ママレード)
 今年も人気のコーナーでした。毎年お世話になっている葛城茂敬(昭34化)さん、林なおみ(昭42数)さん、有難うございました。

(第33回オール学習院の集い「理学部同窓会の部屋」のご報告はこちらから)

——————————————————————————————————–———

第6回理学部同窓会賞表彰式のご報告

3月20日、第6回理学部同窓会賞の表彰式が行われました。

当年度の学部卒業生が対象のこの賞は、在学生を応援するとともに、理学部同窓会の活動を若い世代に知ってもらおうと設けられたものであり、大学卒業式後の各学科別卒業証書授与式の式場で、同窓会副会長、常任幹事から表彰状、記念品、金一封が授与されました。

今年度の受賞者は、中島優奈さん(物理学科)、小柳萌美さん(化学科)、福井幸さん(数学科)、黒木義人さん(生命科学科)の4名でした。それぞれ教授会から推薦された成績優秀で人物も高く評価された学生です。

(表彰式終了後の記念撮影:左から
  渡邉同窓会副会長、中島優奈さん、小柳萌美さん、福井幸さん、黒木義人さん、荒川理学部長)

(第6回理学部同窓会賞表彰式のご報告はこちらから)

——————————————————————————————————–———

学習院大学理学部同窓会活動基金支援のお願い

学習院大学理学部同窓会会員各位

2018年5月 
学習院大学理学部同窓会  会長 服部充雄

木々の緑が目に眩しい季節になりました。
理学部同窓会会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
日頃より同窓会活動にご理解、ご支援いただき深く感謝申し上げます。
理学部同窓会は学習院桜友会の基本方針に則り、<勢いのある学習院>目標にして活動範囲しております。
具体的には、以下のような活動が挙げられます。
・機関誌“想”の年2回発行(桜友会報に同梱)
・教員・同窓会員の講演を中心とした技術交流会の定期的開催(年4回)
・教職員と一体化した理学部独自の就職支援活動の展開
・総合的に優れた理学部卒業生の表彰制度(教員から高い評価あり)
・オール学習院の集いに【理学部同窓会の部屋】を設置。(会員相互交流の親睦・交流)
・理学部同窓会ホームページの充実(各種活動予定のお知らせ/開催報告など)     
このように在校生支援活動を定着させ、就職支援活動なども充実してまいりました。昨年までにご協力いただきました活動資金は、これらの事業に有効に活用させていただいております。
今年度はさらに事業を拡大し、会員相互の親睦、在校生の支援とともに、理学部主催の講演会・シンポジウムの講演などの母校理学部への支援も充実させたいと考えております。
 こうした活動のためには継続的な活動資金が必要となっております。度重なるお願いで恐縮ではございますが、活動の趣旨をご理解いただき、今後の同窓会活動充実のため、また将来への多大な可能性を秘めた後輩たちのために、今年度も是非「同窓会活動基金」へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。
なお、基金は下記のいずれかの口座または桜友会報に同封の振込用紙(下記 注 参照)にてお振り込みください。
  ———————————————————————————————————————
  [学習院大学理学部同窓会活動基金]

1口 : 3,000円 (できるだけ、複数口のご寄付をお願いいたします。)

振込先: ① 三菱東京UFJ銀行 八王子中央支店 普通2383902 学習院大学理学部同窓会
           ② ゆうちょ銀行   019店 当座0088343  学習院大学理学部同窓会
  ———————————————————————————————————————-
    * お振込みの際には必ず卒業年、学科、お名前を明記ください。
  ———————————————————————————————————————-
(注)おわび
理学部同窓会の手違いにより、桜友会報№112に同梱予定の「払込取扱票」が一部封入されていない方があることが判明いたしました。
封入されていない場合には上記記載の口座にお振込みいただくか、お手持ちの「払込取扱票」をお使いいただきますようお願い申し上げます。
同窓会員の皆様にご迷惑・ご心配をおかけいたしましたこと深くおわび申し上げます。