HOME

————————————————————————————————————————
この「HOME」には,最近の記事の概要を掲載しています。 以前の記事、詳細記事は右の一覧か「全記事」でご覧下さい。——————————————————————————————————————–—–

第92回技術交流会のご案内

下記により第92回技術交流会を開催いたします。皆様どうぞお誘いあわせの上、ご来場いただきたくご案内申し上げます。          

■ 開催日時:2017 11  11日(土)13:3016:00
■ 開催場所:中央教育研究棟 12 階       「国際会議場」
■ 参加費:無 料(学習院関係者なら、どなたでもご参加いただけます)
■ 参加申し込み:お名前、連絡先を明記の上、「第92回技術交流会申し込み」と記載し、電子メールまたはFAXをお送りください。
   メール:rigakubu2@gakushuin-ouyukai.jp 、 FAX:03-3988-3853(桜友会事務局)

■ 講 演:
講演1:「光を使ってナノを見る技術」  13:30~14:40           (質疑応答 10 分を含む)
講 師:学習院大学 理学部 化学科 教授:齊藤 結花 先生
講演要旨:顕微鏡に可視光を入れて観察しようとしても、無限に小さいものが見えるわけではありません。これは可視光の波長が 400-700 ナノメートル付近にあり、波長よりも小さいものを分解する能力がないからです。ところが近年注目を集めている多くの機能性材料やデバイスの評価を行うためには、数ナノメートルという空間分解能が必要です。近接場光学の技術を用いると可視光を用いながら波長よりも小いものを観察することができます。近接場光学顕微鏡は分子分光測定と組み合わせて、新しい高分解能顕微鏡として近年急速に発展しつつあります。ここでは近接場光学顕微鏡の特長と、今後の展開について紹介します。

講演2:「ホタルの再生活動から見えて来たこと」 14:50~16:00  (質疑応答 10 分を含む)
講 師:    中野 勝 氏(1979 年大学院物理学専攻修士課程修了)      
講演要旨:ホタルの飼育・再生活動を 22 年継続して、解ってきた事を話します。
1. ホタルの生態
ゲンジボタルの生態及び地域固有種の研究成果から関東の固有種の現状について
2.生態系のこと
日本の生態系が昭和 30 代の後半あたりから大きく変化した模様である。いままで農村地域であったところにさえ、かっての生態系は存在しないと思われる。
3.これからのこと
ホタルの再生活動の進展と淡水産生物資源の発掘。及びかって日本の輸出産業であった養蚕業の復活を昆虫の持つ生物資源開発の立場から応援してみたい。
                            
■ 懇親会:16:15~18:15
  場 所:シェフズベーカリー(CHEF’S BAKERY) 
      トラッド目白(旧コマース跡)1階 TEL (℡  03-5985-2145) 
  懇親会費:4,000円(学生:1,000円) 
       講演会のみ、あるいは懇親会のみのご参加も大歓迎です。                                                                       ——————————————————————————–
技術交流会は学習院関係者なら、どなたでもご参加いただけます。「登録希望」と明記し下記宛にメールを頂くとアドレスを登録し、開催(講演会・見学会)の都度、ご案内メールを差し上げます。rigakubu2@gakushuin-ouyukai.jp

  ——————————————————————————————————–———

第27回理学部同窓会ゴルフ会のご報告

日時:平成29年10月13日(金)
会場:富士平原ゴルフクラブ

27回理学部同窓会親睦ゴルフ会を4組14名の参加で開催いたしました。前日までの夏日から一転、秋雨前線の手厚い歓迎を受けた一日でした。天気予報は小雨でしたが、スタート時には本降りとなり終日気温14℃の雨が続きました。しかし今回は誰もやめようという意見はなく、一同元気にプレーを楽しみました。

競技は各自の持ハンデによるストロークプレーで行い、終了後に恒例のパーティを行いました。優勝:吉野 誠(昭53物)さん、準優勝:阿部 一成(昭52物)さん、第3位:仙石 秀彦(昭45経済)さん、がそれぞれ獲得され、優勝トロフィーや会員寄贈の銘酒やワインなどの副賞が酒井 佐芳(昭34物)ゴルフ会長より入賞者に渡されました。またベストグロスは荒天にも関わらず、最年長の酒井会長が90を記録しました。
ゴルフ会は、会員相互の親睦を目的に毎年2回開催しております。多くの皆様にご参加頂きたくご案内申し上げます。同期会や研究室会、あるいは友人同志のグループの参加も歓迎いたします。
次回第28回大会は、平成30年5月25日(金)、同じ富士平原ゴルフクラブで開催の予定です。開催情報(メール)をご希望の方は、ゴルフ会常任幹事の鈴木 明(昭51化)さん(mejirodaisuzuki@gmail.com )または、理学部同窓会事務局(rigakubu@gakushuin-ouyukai.jp)までご連絡下さい。

 詳細記事はこちらから)

 ——————————————————————————————————–———

 第91回技術交流会のご報告

■ 開催日時:2017  9  30 日(土)13:3016:00
■ 開催場所:百周年記念会館 3  1,2 会議室

■ 講 演:
講演1:「氷に隠れた電磁気学」  13:30~14:40           (質疑応答 10 分を含む)
講 師:学習院大学 理学部教物理学科 准教授  宇田川 将文 先生
講演要旨(予稿より)物質の三態を象徴する水の相図において、氷は固相に対応する。しかしながら厳 密には、氷は原子が規則正しく配列する結晶という意味での固体ではない。氷結晶中の水素 原子はアイスルールと呼ばれる条件をみたしつつ、全体として乱れた状態にある。最近、こ の氷の構造を模した磁性体: スピンアイスが見出され、注目を集めている。興味深いことに、 スピンアイスの物性は一種の電磁気学を用いて記述されるが、この電磁気学では電荷に加え て「磁荷」が登場する。また、時にプラスとマイナスのチャージの間には斥力が働く。磁石 の氷に現れる、この不思議な電磁気学の世界を、量子力学の効果についても触れつつ、紹介 したい。

講演2:「国内外の化学物質管理の最新状況と対応
  ―新規開発、労働安全における化学物質のリスク管理の必要性―」 
                        14:50~16:00  (質疑応答   10 分を含む)講師:    テクノヒル(株)代表取締役 鈴木 一行 氏     (1980 年化学科卒業)
講演要旨(予稿より)日本の製造業で第2位の規模を誇る化学産業で産出される数多くの化学物質の中 には、環境や人に対して有害性、危険性を持つものもある。このような化学物質に対するリ スク管理について、国内外での動向に目を向けてみる。欧州では 2008 年から REACH 規則に より、他の各国も SAICAM2020 を共同目標とし、規制強化に乗り出している。国内において は、2014 年に労働安全衛生法が大幅に改正され、化学物質のリスクアセスメント(調査) の対象が拡大した。この動きは世界の化学物質管理の流れに連動している。簡単に言うと、 数多くの化学物質をリストによって規制するのではなく、予防原則に基づく取り組みを促進 しようというものである。これまで労働安全の対象は工場だけであったが、これからは大学、 研究者も化学物質の有害性、危険性を予想し、自分と社会の安全安心のため、化学物質管理 規制をよく理解したうえで新規開発を進めていくことが必要となるであろう。

■ 懇親会:16:15~18:15
  場 所:シェフズベーカリー(CHEF’S BAKERY) トラッド目白(旧コマース跡)1階 

 

 詳細記事はこちらから)

 ——————————————————————————————————–———

学習院大学ブランディング・シンポジウム『超高齢社会を考える Ⅰ』のご紹介

理学部事務室より、下記シンポジウムのご案内をいただきました。
広く皆様にご参加いただきたく、ご紹介いたします。
                          ——————–—————————————————————-
第3回ブランディング・シンポジウム 第22回生命科学シンポジウム
『超高齢社会を考えるⅠ』
日 時:平成29年11月25日(土)午後2時~午後5時30分
会 場:学習院大学 西5号館 201教室
演 題・講演者:
「超高齢社会における医療・介護の現状と課題」 国立社会保障・人口問題研究所長 遠藤 久夫
「健康寿命を伸ばすためのスポーツ界の取り組み」
                   学習院大学スポーツ・健康科学センター教授 高丸 功「フロント生命科学が提示する高齢化社会の諸問題」 学習院大学理学部教授 阿形 清和
■パネルデスカッション「新たな文理連携の取り組み–『生命社会学』への挑戦」
   学習院大学理学部長  岡本 治正(司会)   学習院大学法部長   岡  孝
   学習院大学文学部教授 山本 政人       学習院大学理学部教授 安達 卓
主催:学習院大学国際研究教育機構・理学部生命科学科
          聴講無料・申込不要・一般参加歓迎
詳細は下記ポスターをご覧ください。
            (ポスター1ポスター2

——————————————————————————————————–———

学習院大学理学部同窓会平成29年度総会・講演会・懇親会のご報告

日 時平成29年6月24日(土)
場 所 :中央教育研究棟12階 国際会議室
 平成29年6月24日、理学部同窓会の平成29年度定時総会及び講演会(第90回技術交流会)、懇親会が開催されました。今総会で服部充雄(昭42化)氏の同窓会長再任が決定いたしました。
総会
 服部同窓会長の挨拶ののち、会長、監事の承認、2016年度事業報告及び2017年度事業計画、2016年度決算報告及び監査報告、2017年度予算案、その他、を審議、これらをすべて満場一致で可決、承認致しました。また、これに先立ち開催された幹事会で、新常任幹事が選出されました。
■記念講演
引き続き、下記の記念講演が行われました。
・講  師  :学習院大学名誉教授 水谷 明 
・講演テーマ応用数理の話題から
  講演要旨(予稿より):計算機による計算結果は信頼できるのか? ときに意図しない結果が生じるが、その原因としては丸め誤差や離散化誤差が考えられる。前者は算術式や連立1次方程式の計算での「桁落ち」で、後者は微分方程式の近似解を求めるときに現れる。
 20数年前、中尾充宏氏は「偏微分方程式の解の精度保証」を提唱された。その内容は、得られた近似解を中心としたある範囲内に厳密解があることを保証するものである。証明のキーワードは、Newton法・縮小写像・不動点定理。 私はこの分野の専門家ではないが、最近興味を持ち勉強中ということでお話しをさせていただく。
■懇親会
会 場 :ホテル メッツ内 「フィオレンティーナ」
 懇親会には 、内藤院長、岩浅院常務理事、井上大学長、理学部各教授、東園桜友会長、各学校学部同窓会長 など多くの来賓のご出席を頂き、ご挨拶ご祝辞を頂戴致し、楽しい歓談のひと時を過ごしました。

  詳細記事はこちらから)

——————————————————————————————————–———

学習院大学理学部同窓会活動基金支援のお願い

2017年5月

学習院大学理学部同窓会会員各位 

学習院大学理学部同窓会  会長 服部充雄

木々の緑が目に眩しい季節になりました。
理学部同窓会会員の皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
日頃より同窓会活動にご理解、ご支援いただき深く感謝申し上げます。
理学部同窓会は「会員相互の親睦と共益を図り、理学部の発展に寄与する。」「学習院桜友会の部会としてその活動に参加し、共益を図る。」を活動目標にかかげ、<勢いのある学習院>に向けて少しずつ活動範囲を広げていく所存でございます。これは皆様のご理解、ご支援があってこそ実現できるものでございます。
昨年もご案内いたしましたように、理学部同窓会では従来の活動に加え、以下のような活動を展開しております。
・機関誌“想”の年2回発行(桜友会報に同梱)
・教員・同窓会員の講演を中心とした技術交流会の定期的開催(年4回)
・教職員と一体化し、理学部独自の就職支援活動の展開
・総合的に優れた理学部卒業生の表彰制度の定着(教員から高い評価あり)
・オール学習院の集いに【理学部同窓会の部屋】を設置し、会員相互交流の『場』として活用(毎年4月)
・理学部同窓会ホームページの充実(各種活動予定のお知らせ/開催報告など)     
昨年までにご協力いただきました活動資金は、これらの事業に活用させていただいております。在校生支援活動も確実に定着しており、就職支援活動なども充実してまいりました。
今年度はさらにこれらの事業を拡大・強化し、ホームページ上及び理学部構内に会員がお互いに交流できる『場』の開設を具体化したいと考えております。
 これらの活動のためには継続的な活動資金が必要となっております。度重なるお願いで恐縮ではございますが、今後の同窓会活動充実のため、また将来に多大な可能性を秘めた後輩たちのために、今年度も是非「同窓会活動基金」へのご支援を賜りますようお願い申し上げます。
なお、基金は下記のいずれかの口座または桜友会報に同封の振込用紙にてお振り込みください。
 ———————————————————————————————————————————
 [学習院大学理学部同窓会活動基金]

1口 : 3,000円 (できるだけ、複数口のご寄付をお願いいたします。)

振込先: ① 三菱東京UFJ銀行 八王子中央支店 普通2383902 学習院大学理学部同窓会
           ② ゆうちょ銀行   019店 当座0088343  学習院大学理学部同窓会
 ———————————————————————————————————————————-
      *お振込みの際には必ず卒業年学科お名前を明記ください。

——————————————————————————————————–———