カテゴリー別アーカイブ: 昭和電工㈱川崎事業所

昭和電工KPR施設見学会(第101回技術交流会)のご報告

下記により見学会(第101回技術交流会)を開催しました。

日時:2019年1月17日 (金) 12:00~17:00
見学場所:昭和電工㈱川崎事業所[扇町]


今回の見学会の集合場所は学習院百周年記念会館の前に留まっている観光バスです。今回はバスをチャーターしての「バスツアー」でした。
全員乗り込んだことを確認して一路、京浜工業地帯の中心エリアへ出発。首都高にのり都心を抜けてゆきますが、観光バスの高い座席から見る風景は普段見慣れている場所であってもとても新鮮です。

太い茶色の配管がそこかしこにうねうねとつながっていて、昭和電工川﨑事業所は全く化学プラントそのものです。事業所の総面積は55万平方メートル(東京ドーム10個分以上)、アンモニアや苛性ソーダをはじめ産業用のガスを生産しています。
昭和電工川﨑事業所でのケミカルリサイクルでは、化石燃料を使わずに廃プラスチック(容器ごみ)からアンモニアと炭酸ガスを生産しています。アンモニアは繊維や樹脂、肥料など様々なものの原料となり、炭酸ガスは飲料用とドライアイスに用いられます。今回は、廃プラスチックを処理できるように破砕成形する工程と高温ガスで分解してガス化しアンモニアを製造する工程を見学しました。
ほぼすべての工程が自動化されており、また途中排出されてくる金属やスラッジ、塩素ガスや硫黄まですべて回収再利用されています。ごみ処理やリサイクルについて知っているようで知らなかった知識を得ることができました。

  

なお、見学会終了後は新橋で、理学部同窓会新年会を兼ねて恒例の懇親会を開催し、楽しいひとときを過ごしました。